Movie details

2/4(日)〜2/10(土)15:00
2/11(日)〜上映時間未定

ゆらり 

  • 監督:横尾初喜
  • 2017/日本/112min

石川県の民宿「赤木箱」を舞台に、宿を営む家族や宿泊客など
「伝えられなかった想い」を抱える人々が時を超えて家族の絆を取り戻す姿を
笑いと涙で描いたヒューマン・ファンタジー。
>>予告編

 原作・脚本の西条みつとしは、お笑い芸人として活躍後、放送作家に転向。バイきんぐ、我が家、フォーリンラブなど、現在、第一線で活躍するコメディアンたちにコントを提供する一方、自身の劇団TAIYO MAGIC FILMを主宰。齊藤工初監督作『blank13』の脚本や劇作家競作による話題の深夜ドラマ「下北沢ダイハード」(TX)で筆頭を飾り、今や、三谷幸喜、宮藤官九郎、西田征史らに続く、演劇界第4の才能として最注目のクリエイターである。『ゆらり』は、13年、15年に上演して好評を博した同劇団の代表作で、西条自身が映画用に新たに脚本を書き直している。
 監督を務めるのは、池田エライザ主演ドラマ「ぼくは麻理のなか」をはじめ、数々の映像作品やサザンオールスターズ、SKE48などのMVを手掛けてきた横尾初喜。舞台初演の観劇後、西条に「ぜひ、映像化したい!」と熱望し、本作で映画監督デビューを果たした。

海沿いにひっそりと佇む民宿「赤木箱」。民宿を営むのは女主人・凛香(岡野真也)とアルバイト・瞳(萩原みのり)。ある日、中年の男・高山(戸次重幸)と保科(遠藤久美子)が宿泊にやってくる。特に変わった男ではないけれど、瞳への対応だけがどこかぎこちない。
一方、凛香は接客のかたわら、しきりに甘えてくる娘・ゆかり(筧礼)をついつい突き放してしまう。ショックを受けたゆかりは、父・孝介(山中崇)に「自分を誘拐してほしい」とせがみ、2人で狂言誘拐を計画するのだが...

http://yurari-movie.com

back

What's New

予約に関して

問い合わせが多いのですが予約制のイベントを除いて予約は受け付けていません.

満席になる事は年に数回程度で,普段の席数オーバーした場合でも追加の席をご用意しています。

もし席をお選びしたい場合は早めに入らして頂ければと思います。

60歳以上ドリンクなし1000円始めました!!

他の劇場だと1000円なのにアミーゴだとドリンクは付いているとはいえ1500円というのを解消するため、60歳以上の方はドリンクなし1000円システムを導入しました!!

ドリンクのオーダーを伺う時にお申し付けください。

AMIGO COFFEE 発売中!! 

フェアトレードの豆だけを使ったオリジナルブレンドです。

Time Schedule

■ Open
9:45
■ Bar Time
After Night Show〜24:00

Price

席料(すべて1ドリンク付き)
一般   1,500円
高校生  1,000円
小中学生  800円
幼児    500円
※60歳以上の方はドリンクなしで1,000円も可